スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を分析してみましょう?

「あなたってどんな人?」

って聞かれて、すぐに答えられる人はそういないもの。。。

「趣味は○○で?、今までこんなことしてきて?、、、」

と実際のことや現実のことは説明できても、自分の内面は自分では以外に分からないものですよね?。

誰かとお付き合いするには、相手のタイプや性格を知るのも大切なことだけど

自分のことを知る

という作業を怠っては始まりません。


一緒に自分の性格分析してみましょう?!!


人間の行動にパターンがあるように、性格(考え方、物事の捉え方、、、)にも

パターンがあります。

大きく分けて 16通りあるそうですが、

外向型と内向型、現実型と直感型、思考型と情緒型、規範型と柔軟型

このカテゴリでは、これらの組み合わせから作られる 16通りを パターン としてみます。
スポンサーサイト

外向・現実・思考・規範 (?型)

責任感が強い人
<特徴>

積極的でリーダーシップを取るタイプ。

感情的に考えるより、理性的に物事に対処する。

話し方も明快、率直で分かりやすく、よく考えて結論を出す。

伝統を重んじるこのタイプは、流行に左右されず 飽きの来ない 本物を好む。

仕事にも一生懸命取り組み、結果を出すことに重点を置き、成し遂げようとする努力家でもあるが、一方で

自分にも他人にも厳しいため、相手を傷つけ、落ち込ませてしまうこともある。


?このタイプとの付き合い方?

誠実、率直に向き合う。

相手のぶっきらぼうに思える話し方に臆せず、自信を持って自分の意見を伝えましょう。

多少強硬な態度で臨んでも、マイナスには受け取られず、

信頼につながるはず。

逆に、気を使いすぎた言い回しは、このタイプの人には返ってフラストレーションになることでしょう。

内向・現実・思考・規範 (?型)

一人でコツコツ努力する他人
<特徴>


勤勉で努力家。 几帳面さと粘り強さで コツコツと仕事を進めていくタイプ。

派手なものより、落ち着いて 伝統的なものを好む。

話し方も ゆっくり丁寧で順を追って説明し、最後に結論を述べる。

用心深さがあるため、大きな変化を求めず、慣れない状況にあうと、当惑してしまうが

一度心を開けば、長く、真剣に付き合っていけるタイプでもある。

大勢で物事を進めるよりも、一人コツコツ 自分のペースで仕事をするのが好きで

そういう状況だと能力も大いに発揮できる。


?このタイプとの付き合い方?

バタバタと慌しくせず、落ち着いてゆったりとした気持ちで向き合ってみましょう。

話も、取り留めない言い方より、順序だてて 要点を的確に伝えた方が

コミュニケーションはうまくいきます。

感情を表すときも、いきなり怒ったり、泣きだしても 当惑させてしまうだけなので

ちゃんと自分の感情を言葉で説明する方が理解されます。

外向・現実・情緒・規範 (?型)

他人の役に立ち、感謝されたい人

<特徴>

勤勉、勤労第一! と考えるがんばり屋さん。

他人にも責任や規範を求め、グループの中でも率先して動くタイプ。

人を受け入れるこのタイプの人は、スキンシップで愛情表現し 社交的で 人の役に立つのが好き。

礼儀正しいが、時には 大げさな話方をするのも特徴。

問題が発生すれば、真っ先に駆けつけ、解決しようとする。

ただ、自分に自信のあるこのタイプは、自分の考えを人にも押し付けたり、高圧的な態度をとってしまうこともある。



?このタイプとの付き合い方?

まずは受け入れてあげること。

言葉や感情に疑問があっても、いきなり否定せず、一度受け入れてから順に説明していき

自分の考えを伝えた方がうまくいくでしょう。

また、話し好きなこのタイプには、聞き上手になるのも方法です。

助けてもらったり、何か好意を受けたら、 しっかりお礼を述べ 気持ちを伝えましょう。

内向・現実・情緒・規範 (?型)

組織の中で生きていく人


<特徴>

控えめで、穏やか なおかつ 忍耐強い。

あまり注目されるのは苦手で、黙々と人の役に立つために努力するタイプ。

グループの中でも裏方に回り、細かなことに気を使える。

慎重で、穏やかな人間関係を好み、感情を表に表すのが苦手なので

引っ込み思案に思われることが多い。


?このタイプの人との付き合い方?

こちらの気持ちや言葉を、率直に分かりやすく示すのがよいでしょう。

あいまいな態度は、理解されにくいので、穏やかに時間をかけて伝える態度に

好意を持ってくれます。

いきなり、心の中に踏み込まれるのが嫌いなこのタイプは、何事も時間をかけ

プライベートなことにむやみに立ち入らない方がベター。

時間など、約束事にルーズな人は信頼されず、気持ちも離れてしまいます。

外向・現実・思考・柔軟 (?型)

楽しさを求めて冒険する人
<特徴>

自由気ままに、好きなことを、好きなときに楽しみたいタイプ。

ワクワク・ドキドキ するのが好きでさまざまなことにチャレンジする自由さを大切に活動していく。

新しい環境や状況にもすぐ順応できる能力を持つ一方、

その場、その時の雰囲気や相手によって 態度をコロコロ変える。

集団の中にいるのを好み、注目を浴びるのも好きなこのタイプは

センスも良く、おしゃべりも上手。  誰とでも上手に付き合っていける。



?このタイプとの付き合い方?

ニコニコと愛想の良い言葉や態度を 鵜のみにはできません。

また逆に、興味のなさそうなそぶりや、冷たい態度も本心とは違うことがあるので

そのまま受け取って 気にする必要もないようです。

本音をなかなか見せてくれないタイプなので、深く付き合うには

かなりの根気が必要です。

まずは、楽しい会話と率直な態度で 楽しい時間を過ごし 時間をかけて

少しずつ進めていくのが無難のようです。

内向・現実・思考・柔軟 (?型)

危険やスリルを求める人
<特徴>

静かで控えめな印象だが、独立心は強く、プライバシーを侵されるのが嫌い。

集団で過ごすより、一人で興味のあることに取り組むのが好きで、危険やスリルを求める傾向もある。

人目を気にせず、自分の価値観で選ぶので、あまり他人の意見には耳を向けないようだ。



?このタイプとの付き合い方?


最初は十分に距離をとったお付き合いからはじめましょう。

プライバシーを尊重しながら、少しずつ自分を伝えていき、相手が心を開くまでは

親しげな態度は取らない方がいいでしょう。

束縛されるのが嫌いなこのタイプは、行動を縛られたり、こちらの意思を感情で訴えるのも

逆効果になるでしょう。

このタイプも、お付き合いするには、ゆっくりと時間をかけ

根気強さが求められます。

でも、一度心を開いたら、深く、長いお付き合いもできると思います。

外向・現実・情緒・柔軟 (?型)

活発に行動する人


<特徴>

とにかく人が好き。 温厚で親しみやすく、人に対してうまく好意を示せるタイプ。

自分の特技を生かし、みんなを喜ばせることが得意で サービス精神旺盛でもある。

周囲の様子にも気配りができ、気取らず 誰とでもうちとけられる。

周りには友達がいつもいて、自分の話を聞いてもらいたがるので 自己中心的

と思われることもあるかもしれない。



?このタイプの人との付き合い方?

硬くなりすぎず、気軽に、砕けた感じでのお付き合いがうまくいきそう。

自分のことを素直に、気軽に話せば 相手もそれに答えてくれるはず。。。

いつも刺激を求めるこういうタイプの人には、

時々、ちょっとしたサプライズを用意して 楽しませてあげると 好感がもたれるかも・・・

内向・現実・情緒・柔軟 (?型)

調和を願う繊細な人

<特徴>


温厚で優しく、物静かな口調で話、 人との調和を大切にする。

初対面ではよそよそしい感じだが、 親しくなった人には 温かく 愛情豊かに接する。

人と対立したり、議論するのは苦手だが、目の前のことをやりぬく 集中力は

人一倍強い。

保母さんや 教師など、直接人に関わる仕事が向いている。



?このタイプの人との付き合い方?


ちょっとした言葉に傷つきやすい繊細なタイプなので、注意深く接することが大切。

威圧的、けんか腰な物言いには、心を閉ざしてしまうため

静かに、穏やかに会話を心がけましょう。

こちらが誠意を持って、ゆっくり時間をかけて 取り組めば 必ず心を開き

うちとけてくれるでしょう?。

くれぐれも、いきなりプライバシーに踏み込んだりしないように・・・

 

外向・直観・思考・規範 (?型)

人の上に立ち、出世を求めるタイプ

<特徴>

物事を広く捉え、負けず嫌いなこのタイプは 典型的な指導者タイプ。

いつもエネルギッシュで、身振り 話し振りが力強く 社交的で愛想も良い。

強い意志と 前向きな姿勢から 自信がみなぎっているが

時にはそれが、人を見下しているように誤解されたりする。

リーダーシップを少し間違えると、他人を支配したり、命令を強要しがちになるので

注意が必要。

人の上に立って働くことにやりがいを感じている。


?このタイプの人との付き合い方?

 いい加減な言動を受け入れないこのタイプの人とは、しっかり約束を守りましょう。

信頼をなくしてしまいます。

遠まわしな言い方は避け、 率直に素直に話すほうが誤解がありません。

ただ、どんなことにも反論し、自分の意見を通したがるため

ある程度こちらが受け入れ、穏やかに反論するのが トラブルを避けることになるでしょう。

こちらが傷ついたことを気づかないこともあるため、 冷静にそのことを伝えた方が

あとに引かないようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。