スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時には叱られたい

<男性のこと理解してますか?・?>


男性女性に限らず、今は子供も叱って褒める方向へ代わってきています。

もちろん、褒めることで 自信を持たせ、この人と一緒にいると

「やる気が出る」 「前向きになれる」 と思ってもらうことは大切です。


でも、褒めてばかりでもいけないのです。


男性は つい自信過剰になりすぎて、調子に乗ってしまったり、、、

そして、失敗してしまう。。。

ということも全くないわけではありません。

そんな時、びしっと 叱る=指摘する ということができれば、男性はあなたを

信頼し、一生のパートナーとしてやっていけるかも。

という思いにまで発展するかもしれません。


男性を叱る。

これは、タイミング と 言葉 が重要ですので、その時の状況をしっかり見極め

愛情を持って、真剣に叱ってあげましょう。

それを受け入れてくれる男性は、きっとあなたに好意を抱き、

この先も真剣にお付き合いしていこう。

と決心するでしょう。
スポンサーサイト

怒っているとき・・・

<男性のこと理解してますか?・?>


男性は怒りっぽい所があります。

それは、その人に備わった 本能的なものもあるでしょうが

もっと本質を考えてみると

男性自身の中の  不安 や 不満 焦燥感を 隠すために怒ることもあるのです。

それも、自分の中で 自分に隠すために怒っていることがあります。

または 相手より優位に立とう。 として怒ることもあります。


いずれにせよ、男性が怒っているときは 安心したい 癒されたい というサインですから

うまくなだめてあげられるようになりたいものです。


間違っても、怒っていることを否定してはいけません。

男性は、あなたを 「不愉快にしてしまった」 という思いを抱き

ますます自己嫌悪になっていくでしょう?


女性が持つ、すばらしい本能。  母性愛

この母性愛を発揮する 場面なのです。

褒められたい

<男性のこと理解してますか?・?>


女性に限らず、男性だって 褒められたい。

褒められて幸せな気持ちになるのは、 性別に関わらず 人間の特徴のようですが、、、


女性は、髪形だったり 服装だったり するのと違って

男性は、 内面を褒めて欲しい  と思うようです。


それも 男らしさ や たくましさ を 実感させてくれるような、、、。

例えば・・・「あなたの考えはいさぎいい」 「力強いことばだわ」

というように。

男性は、社会的に強くありたい。

という願いが強くあるため、常に自信を持っていたいのです。

ちがう言い方をすれば 自分を評価してくれる言葉や

自分を肯定してくれる言葉で自信が持て、幸せな気持ちになれる。

というわけです。


上手に男性に自信を持たせてあげることができれば

きっとあなたに好意が芽生えることでしょう?

繊細で几帳面

<男性のこと理解してますか?・?>


男性のイメージは  豪快  大雑把  くよくよしない

というものがよくあげられると思います。


でも、実は 男性の方が女性より 繊細で、傷つきやすく、デリケートな生き物なのです。

特に、異性である女性からの言葉や行動は敏感に響き

心で純粋に受け取っているようです。

そして、傷ついたとしても 表には簡単に表せず、一人で解決しようと努力する 性 でもあるんですね。

そして、きれい好き、潔癖症も実は女性より 男性の方が多いそうです。

男性のこういう本質を知るということは、お付き合いしていく上で

とっても大切なことですから、しっかりと頭に入れておきたいものです。

頼られたい

<男性のこと理解してますか?・?>

 
異性と上手にお付き合いしていくためには、相手の ”性” についてよく知らなければいけませんよね。

このカテゴリでは、 男性 という性について考えて行きたいと思います。



男性はなんと言っても  「男らしくありたい」  と願うもの。

でも男らしさって、男性自身もどうすれば男らしいのか・・・?
どうあれば男らしいと見られるのか・・・?

とっても悩むところなんです。

「男らしさ」   は女性が作ってあげることだと 私は思うのです。

例えば、、、

「コレってどういう意味だっけ?」  「この荷物持つの手伝ってくれない?」

などほんの些細なことでいいので、頼りにされた。

と実感させてあげるのが 男性を引き立てる、上手な女性と言えるのではないでしょうか。


女性の「守って欲しい」 思いの反対で、

男性は 「守ってあげたい」 と思うもの。

この釣り合いがうまく取れる人とは きっとお付き合いもうまく行くのでしょう?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。