スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時が解決してくれることもある

人間生きていると、他人と関わらずにはいられませんよね。

人間関係には、さまざまあります。

親子関係、友だち関係、恋人、夫婦、会社の同僚、上司、近所の関係、、、、

そんな中で、いつもいつもいい関係ばかり築けるものではなくて、
今も引きずるトラウマにまでなり、他の人間関係にまで支障をきたしてしまうこともあります。

たくさんの関係があるから、傷つく出来事がある一方で

たくさんの関係があるから、新しい関係を築き、新しい経験をし過去のことを一時でも忘れることができます。

そうやって、日々を過ごし、年月を重ねていくことで、昔の嫌な記憶が薄れて行ってくれるものかもしれませんよね。


でも、過去の嫌な気持ちが、今も尚心の中心にどっかり腰を下ろし
それにばかり占領されていては、新しい、楽しい経験が入る隙間がありません。

過去の嫌な思い出を薄れさせるには、よりたくさんの楽しい経験、思い出を入れていく作業が必要なような気がします。

その時、 「時が忘れさせてくれた・・・・・」

としみじみ実感できるのかもしれませんね。

たくさんの心地よい経験ができるように応援してます!!
スポンサーサイト

記憶があるからこそ・・・

<母子間でのトラウマ>

多くの人は、過去におった傷が癒されないまま 今というときを過ごしていると思います。

私は、母との関係で長いこと苦しみました。
「どうして母はあの時、私にこんなことをしたんだろう?」
「なぜあの時こうしてくれなかったのか・・・」

たくさんの思い出が、トラウマとなって苦しんだ時期もありました。

特に、私のトラウマは母子間でのことでしたから、自分の子供が生まれ
実際自分が母親になってから、忘れていた過去の記憶がよみがえり、苦痛にさいなまれたのです。

でも、今ではほとんど克服されたと思います。


では、過去のトラウマを克服する方法はなんなのか?

どうすれば、嫌な思い出が 「今となってはたいしたことないよ」 と言える様になるのか・・・?

わたしは、もう一度その記憶を鮮明に思い出し、一つ一つ分析し、
解決していくことだと思います。

トラウマにまでなっている記憶を鮮明に思い出すなんて、、、
それはそれは大変な作業です。
また昔と同じように、涙が止まらなくなります。。。

でもそのトラウマの絡まった糸をほぐし、きれいにしてあげないと、いつまでも心の中にわだかまりとなって存在し続けるでしょう。

私は、子供を育てながら、その作業をしました。

その時の状況が細部まで浮かんできては苦しみ、それを解決するために母にそのことを話したのです。

「あの時私はこんなことで苦しんでたんだよ?」 と。
(もちろん一つだけではありませんよ?)

その時の母は、とっても悲しそうでしたが、言い終えたあとは

なんともいえない晴れ晴れとした気持ちになりました。

そして、母とは今までと違った関係になれて、話をするのも楽しくなったのです。


人間には  『記憶』  というものがあります。
だからこそ、苦しむこともあれば、そのおかげで同じ失敗をしなくて済むのです。

過去の苦い記憶を消すことはできませんが、経験したことをちがう形に変えインプットしなおすことは可能だと思います。

自分で分析し、解きほぐすことで、その経験が
「どうしようもなく辛い経験」 から  「ほんのチョッと嫌な経験」に格上げするイメージです。

この文章を読んで、一人でも多くの方がトラウマから開放されるならとってもうれしいことです。

少し勇気を出して、過去の経験と向き合ってみてください。
私はいつも応援しています!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。