スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パートナーという存在

<理想のパートナー・?>
パートナーという言葉、よく使われます。

仕事をする上でのパートナーもあれば、夫婦として一生をともにして行こうというパートナーから、もっとシンプルに、一緒に毎日学校に通う関係だって、パートナーと呼べるかもしれませんね。

では、パートナーとは、自分にとってどういう存在で、どんな意味があるのでしょうか?


「一緒にいて楽しい」

「この人がいなければ、このことが進まない」

「この人の笑顔を見るだけで癒される」

など、人によって思うところはいろいろありそうですよね?。

でも、最終的に私の思うパートナーとは、、、

一人でいるよりもっと楽しくなれる。悲しいことも分け合える。
そして、一人で物事を進めるより、より効率よく行えて、一緒に行動することで
一人のときより、2倍、3倍の成果が上げられる・・・・。

そんな関係が理想だと思うのです。

皆さんはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

パートナーは自分で選ぶ

<理想のパートナー・?>

社会生活で人間関係を築くにあたって、

その関係を自分で選ぶことができる関係と、自分では選べずどうにもならない関係とがあります。

仕事をする上での関係は、自分で事業をしているなどでない限り、会社に入れば
そこにいる人と必然的に人間関係が生まれます。

一つのプロジェクトを進めるにあたって、より親密な関係を求められるかもしれません。
いわゆるパートナーとしてやっていかなければいけないこともあるでしょう?。

でも、一歩会社から出て、自分の時間になったときはどうでしょうか?

趣味のお店に行くときも、習い事に行くときも、好きな映画を見に行くときでも
自然に自分で選んだ人と行動し、よりよい人間関係を築いているのではないでしょうか。


その中でも、恋人。将来人生を共にするかもしれない異性というのは、

人間関係の中でも、もっとも重要で、慎重に選ぶべきなのだと思います。

選ぶといっても、人生で一回だけチャンスが与えられるわけではありません。

その時、その時の自分の環境や心理状況で、全くちがうタイプの人を選ぶ事だってありますよね。

そして、そこからの多くのことを学べるのです。

人と会って、たくさんのことを学ぶことは何よりの財産だな?。と思います。

私は縁あって、結構早くに今の旦那にめぐり合い、結婚したので
異性として出会った人は多くはありません。

でも、異性として以外の人間関係はたくさんの出会いがあり、それによって今の自分が形成されていると思うと、

「人と出会える。」

ということがとってもありがたいと思えるのです。

理想のパートナーは、自分でじっくり選んで見つけてくださいね!!

自分に合うパートナー

<理想のパートナー・?>


では、自分にとって理想のパートナーとはどういう人なのでしょうか?

分かりやすく理解するために、自分の素直な気持ちを書き出してみてはいかがでしょうか?


次の質問に答えて、ノートに書き出してみてくださいね!!
   (今回のパートナーは、普段何気に過ごす人のことです)

1、パートナーの容姿で受け入れられるところ・どうしても受け入れられないところは何ですか?
   (ぽっちゃり系がいい、背が高い方がいい、、、においの合わない人はダメ、つめのきたないひとはだめ、、、など)


2、パートナーと一緒にいるとき、何をして欲しいですか?
  
3、逆に、あなたはどんなことをしてあげたいですか?

4、どんなパートナーシップを求めますか?
   (べたべたした関係はいや、常にいっしょにいたい、、、など)


これらのことからでも、あなたが何をパートナーに求め、そういう人とならうまくいく可能性を指していると言えます。
いわゆる、『理想のパートナー』 を自分で知っておくのは大切なことです。


そして、この質問に答えるときの自分の心境に気がつきましたか?

例えば、、、1の質問で受け入れられる所が、受け入れられない方より多かった人は、
人のいいところを見るのが上手な人。

逆に、「あれもダメ、これもダメ」 と受け入れられないことをたくさん列挙した人は、
他人のあら捜しが得意で、また、外見、見栄えが大切だと言うことの表れかもしれませんね。

それも大事なことではありますが、こういう方は、その外見が変わってしまったときには
人間関係も変わってしまうと言うことです。



2の質問より3の質問が多く上がった人は、相手に求めるより、自分が与えたい。

と思っている方でしょう。

その逆なら、「自分はしてもらう側。」という思いが強い方かもしれませんね。


これらは、どれがダメ、こういう人はパートナーが見付からない。

というものではありません。

自分の性格、タイプの傾向を知ることが大切だと思うのと、必ずそれに合ったパートナーというのはいるものです。

自分が理想としているパートナー、パートナーシップに少しはお役に立てたでしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。