スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャペルでの式

<チャペル式の基本>

日本で言うチャペルとは、、、ホテルや結婚式場内にある施設のことで、
本来は、キリスト教の信者が教会で神のもと、お互いの操を宣誓しあう場所である。


? オルガン奏楽
   チャペルに 荘厳なパイプオルガンの音が響きます

?参列者がチャペルに入場します


バージンロードを歩いて注意される人もいます
両サイドの通路から 中央よりに着席していきます


新郎のご両親は正面の祭壇に向かって右側最前列に着席

新婦のご両親は正面の祭壇に向かって左側最前列に着席


?司祭入場 (カトリックは神父 プロテスタントは牧師)

司祭から 結婚式をとりおこなう旨のあいさつがあります




?参列者起立

参列者は新郎新婦を迎えるため 会場後方扉口へ体を向けます



?新郎入場 新婦入場

新郎新婦入場のしかたは様々です 


 ・ 新郎が先に司祭と入場し 次に新婦と父親が腕を組み入場
 ・ 両家両親に付き添われて 新郎新婦が入場
 ・ 新郎新婦が二人で入場
 ・ 国によってもスタイルが違います


?讃美歌 312番

一同で讃美歌を歌います 

312番は必ず歌うので覚えておきましょう



?聖書 コリント前書13章

司祭が聖書を朗読します


愛は寛容にして慈悲あり

愛はねたまず 愛は誇らず


?祈祷 式辞

参列者は黙祷し、司祭が祈りを捧げます
たいへんありがたいお話も聞けます

この場面は カトリックと プロテスタントで進行が違います


?誓約

新郎が新婦のベールを上げ顔をみつめ 祭壇へ向き直ります
新郎と新婦は それぞれ司祭の問いにたいし 神に誓います



 すこやかなときも そうでないときも

 この人を愛し 敬い なぐさめ 助け

 命の限り かたく節操を守り

 ともに生きることを誓いますか



  新郎 誓います    新婦 誓います


?指輪の交換 結婚証明書

新郎から新婦へ 新婦から新郎へ その左手に指輪を通します

そして司祭の前で 新郎が新婦の頬にキスをします


?結婚宣言

この男女が夫婦であることをここに宣言いたします 

アーメン


?讃美歌 430番

一同で讃美歌を歌います 430番は二人の結婚を祝う歌です


?祝祷(しゅくとう)

主イエスキリストの御名によってお祈りいたします

アーメン


?新郎新婦退場

司祭があいさつをしたのち 新郎新婦が参列者の方へ向きます




?参列者起立

拍手とオルガン奏楽のなか 二人が腕を組みゆっくり退場します




?参列者退場

以上で 結婚式は滞りなくとりおこなわれました このあと
フラワーシャワーをするので 参列者も迅速に退場します




?フラワーシャワー

参列者が花びらを持ち 玄関などに並びます


新郎新婦が歩くところを おめでとー
おめでとー と花びらをふりまきます 


ドレスを汚さないように 造花の
花びらを使うことが一般的です 
スポンサーサイト

海外挙式

最近では、海外で結婚式をする方も増えてますね?

一番人気のスポットは・・・ハワイ!!

心地よい気候と行楽ムード、日本語が通じるなどの理由から堂々第一位。


第二位は・・・ヨーロッパ

フランス、スイス、ドイツなど、 ヨーロッパでの式の場合、二人だけでチャペルで会厭の愛を誓うパターンが多いようです。
大人のカップルにはぴったりですね?。

第三位は・・・オーストラリア

シドニーで挙式後にゴールドコースト、ハミルトン島などにハネムーンもOK。時差がなく治安が良いので家族と同行しても安心。かつての英国領時代からの重厚な教会も数多い。


番外編・・・

グリーンランドにある、氷の結婚式。
教会、ホテル、すべてが氷でできていてなんとも幻想的?
運がよければオーロラも見られるそうです。



空からダイビング

ウエディングドレス、タキシードに身を包み 1・2・3 それ?
と上空3000メートルから一気にダイビング!!
初めての二人の共同作業も命がけなら、一生力をあわせて結婚生活もやっていけそう!?

結婚式する?しない?

結婚式をしない派の意見としては・・・


たった一日のために何ヶ月もかけて準備して、たった一日で何百万も使う。・・・考えられない。それなら、旅行とかマイホームとか有意義にお金を使った方がいいんじゃないかな?

結婚式なんて、親戚なんて、親なんて、困ったときに助けてくれやしませんよ、おまけに呼べる友達もいませんから、親戚は皆ギリギリの生活してるのに迷惑はかけれません。結婚式は見栄と自己満足ですよ?お金と時間と労力の無駄ですね。

など、結婚式のメリットがなく、デメリットをあげると結婚式はしない方がよい。

という結論になるようです。


確かに、結婚は式をあげるためにするのではなく、

そのあとの二人の人生がメインな訳ですから、

式に重点を置かない人もいるのはもっともな考え方です。


式を挙げる、 挙げない。


それは、二人で考え、そのときの経済状況、社会的状況など

当のご本人たちがよ?く考え、一番いい方法をとるのがいいのでしょうね。


式は、結婚後だってしようと思えばできないことではないですからね?


わざといじける女性・・・

『子供の頃に十分親に甘えられなかった。』

というように、心が愛に餓えている女性は、 大人になってからも 心が幼いときのままで

「愛してもらいたい」   「この愛は本当なのだろうか」

ということを試したくなるのです。


それが、彼に対するわがままだったり、意地悪な行為になってしまうことがあります。


付き合ってる彼に、   わざと 嫉妬させるようなことをしてみたり、言葉を言ったり

しつこいまでに、プレゼントをねだってみたり、

優しい言葉を常に求めたり。。。

してしまいます。


もちろん、だれもが 優しい言葉やプレゼントを望むものかもしれませんが

度合いが大きい。  と感じることが彼女にあるならば、

とにかく、慰め、優しく接してあげることです。


実際に言葉に出して、「君のこと愛してるよ」  「いつも見守ってるよ」  という言葉で

女性は落ち着くことができ、安心を実感できるのです。

人によっては、それが分かるまで、とっても長い時間掛かってしまうかもしれませんが

彼女を本当に愛しているならば、 それもできるものです。


そして、男性の 包容力  器の大きさ   というものは

これらのことができる、忍耐の度合いで 測られるのではないでしょうか?

結婚式する?しない?

いつごろからでしょうか? 

芸能人の間で、 籍は入れるけど 結婚式はしない形が増えましたね?

式を挙げる、挙げない、身内だけの簡単な式、、、

いろんな形がありますが、

式を挙げたいという人の意見では

結婚式までの道のりにも意味がある。

未来の二人を想像したり生き方を考えたりする機会にもなるし、何よりもひとつのことに対して

お互いが取り組んで絆が深まると思う。

大切な思い出となりいつまでも二人の心に残るのではないかと。。。

両親含めお世話になった方にありがとうとこれからもよろしくって気持ち伝えられるし。。。



両親や両祖父母の喜ぶ顔が見れて 親孝行ができた。。。。

などいろんな人を幸せにできるということもありますね?

そのために大金を使うのは無駄な使い方ではない。

という考えがあります。


年の差結婚ニュース!!

このほど、24歳の男性と 82歳になる女性が結婚した。

というニュースがありました。


女性、アデルファサンさん(82歳)は 今は亡き親友の息子、 レイナルド・ワベチュさん(24歳)

にプロポーズ。「15歳の少年だった彼と、生活をともにしていたが、共同生活はしっくりしていた」

と語った。二人は9年の交際を経て、めでたく結婚したことになる。

一方レイナルドさんは、「年の差はたいした問題ではない。お互いに愛があったから結ばれただけだ。」

と語った。

アルゼンチンの北部、サンタフェ地方での出来事でした。。。



どうですか?。

年の差で悩んでいらっしゃるカップルの皆さん。

こんな例もあるのですよ?。こんな狭い日本で、うだうだ悩んでるなんて

実にちっぽけじゃありませんか。


悩むより、行動に移しましょう。 そこに確かな愛を確信したならば・・・・

年の差でお互いに思いやるために・・・

今までは、年の差なんて、お付き合いする上で、 結婚生活をしていくうえでは

何の問題にもならない。。。結局は思いやり。。。

ということばかりを書きましたが、

では、実際にどういうことを思いやる必要があるのか???

ということを考えてみたいと思います。


年の差があればあるほど、気をつけてお互いを思いやらなければけいけないのが

『老化』  ということです。

年齢が近いカップルなら、 身体的に同じように あちこちが衰えていくでしょう。

例えば、、、目が悪くなってきた(老眼)。

肩こりが始まった(40肩)。

見た目の変化では、、、白髪が出始めた。

しわ、しみが目立ってきた。  などなど、、、数え上げればきりがありません。


先に年老いて、体のあちらこちらが衰えてくると言うことは、 若い実際に経験してない人には

どうやったって実感できないし、その人がどれくらい悩んでいるのかも

100%理解することはできないでしょう。 

その時、先に老いる側は、パートナーと同じ悩みを話し合えない。

自分だけがどんどん老いていってるような気がする。

という思いで、相手をうらやましくさえ思えてくるかもしれませんね。


こういうときこそ、どうやって相手に思いやりを持って接し、 老い。

というものを一緒に捉えて 進んで行くか・・・。


が問われるのだと思います。


白髪が出始めたら、 さりげなく、 「髪染めでもしてイメチェンしてみたら?」 とか

老眼鏡が必要になったら、 「最近はおしゃれな眼鏡もたくさんでてるから、 今度一緒に見に行こうよ」

など、何気なく老化を補っていけるようにもって行くのも 思いやりではないでしょうか。。。


といいつつ、自分はできているかというと、そんなこともないな?。。なんて。


主人も近頃老眼になってきて、 自分でこっそり眼鏡用意してたな?。

男性が年上

男性が年上というのは、世間一般では多いカップルだと思います。

でもその年の差だって、それぞれ違うもの。

だったら、いくつ以上なら  『年の差カップル』  というものに当てはまるのか

さっぱり分かりませんが、

これも、女性が年上の場合と同じで

実は年の差なんて、何の意味ももたないのです。


心と心が付き合い、 生活していく上では、 年齢的なものは感じなくなりますし

それ自体が問題になることはまずありません。

私も主人とは10歳以上離れてますが、 それ自体が支障と感じたことはまずないです。


生活していく流れの中で、 子供の頃流行った、自分の思い出のある歌や、TV番組、

好みなどの違いは 話のネタになったときに 

「う?ん、年代が一回り違うと好みもだいぶ違うね」 ということにはなりますが

それ自体が問題になるはずもなく、 返って 新しいことを知るきっかけにすらなります。


物は考えよう。 考え方一つで、現実の悩みと思えることも、

周りに言われる 問題らしきものも、 ポジティブなものに変えられると私は信じています。


私の周りにも、年齢において言えば、実にさまざまなケースがありますが(当たり前)

結婚生活の愚痴や、悩みは 結局のところ 同じようなものになってます。

「旦那が仕事ばかりして子育てに協力してくれない」

「旦那が料理にうるさく注文をつける」  ・・・・

これらは例えば野の話ですが、 現実のお付き合い、結婚生活においては

戸籍上の年齢なんて 考える余裕すらなく、 以下にお互いを思いやれるか。

に掛かってくるのです。

女性の方が年上の場合

女性が年上でお付き合いしたり、 結婚しているカップルもたくさんいますが

そういうカップルの悩みはもいろいろあるようです。

まず、親に紹介するときに、、、親の反応が、とか

周囲からあることないこといわれたりすることもあったり。。。


でも、おつきあいする。 結婚する。

というのは、人間と人間。 もっと深く言えば

心と心の通い合いということですから、 お互いがお互いを愛し

思いやると言う意味で言えば、 女性がいくつ年上だろうが 問題にはならない。

ということなんですね。


ただ、現実問題、身体的なもので考えると、 子供を作ろう。 育てていこう。

と思うときには、女性の出産は高齢になればなるほどリスクも高くなりますから

少しでも早い方がいい。 ということがあるかもしれません。


それも、結局は 相手を思いやることで、二人で十分話し合い、

決めていくことだと思います。

出産だけでなく、その先の子育てだって 体力がいりますし、子供の成長を少しでも長く見届けたい。

と思えば、自然に回答もでてくると思います。

それだって、思うようにならないのが世の常。

神様に委ねるしかないわけで、、、

いくら早くに出産し、子育てを始めても、病気になることもあるでしょうし、

やむなく、この世を去る事だってあるでしょう。


要するに、女性が年上だから。 という問題は、全くといっていいほど

問題にならないと言うことです。

体裁や、周囲の言葉を気にして生きていってるうちは、 どんなことも問題となり

自分達を見失ってしまうということになります。


二人で、話し合い、将来を考えて 愛を持って進んでいけば、怖いものはありませんよ。

メールのやり取り回数で決まる?

最近は 気軽にメールをする。。。 というか 携帯メール無しには生活できない。

ような感じですが、  最近、恋人と一日何回メールのやり取りをするか?

という調査があったそうです。

その結果・・・

平均30回。   という私にとっては恐ろしい結果が出ました。

これはおそらく、付き合い始めのカップルが多かったのだと思いますが、

1時間に1回のペースでは足りず、仕事中もせっせとメールをしているのか???

という疑問がでてきます。


恋人関係では、少なくとも1日1回は何らかの連絡を取り合い、

3日以上空くと、 かなりまずい状態なんだとか。。。


これは、逆に考えると、  3日以上連絡を取らなくて平気な異性の関係ならお友だち、

毎日連絡取りたい異性は、恋人。。。

ということも言えるのかもしれません。

じゃあいくつなら年の差って言わないの??

年の差結婚  年の差恋愛  年の差カップル   


年の差  年の差   って、世間ではうるさいほど言ってますね?。

では、いくつ違いの結婚や、カップルなら そういう言葉に当てはまらないのでしょう。


そんなこと考えても答えは出てきません。

なぜなら、恋愛や結婚に 戸籍上の年齢で 戸籍上できた年齢差なんて 

全く意味がないから。。。。

私自身、主人とは13歳離れてますが(上か下かはあえて書きません)

恋愛中も、結婚してからも、 一切問題ないし 不便だと思ったこともないですから。


そりゃ、周りからはいろいろ言われました。


でも、人間どうしが恋をし、 結婚をして一生ともに生きていくのに必要なのは

結局、気持ち。 心。 なのです。


人間は生きていれば、歳を取り、 体も衰え、 病気にもなる。

若くに結婚しても、 いずれよぼよぼになり 死んでゆくのです。


年の差で悩んでるカップルの皆さん。

世間の言葉を気にする必要はありませんよ?

お互いの気持ちが全てですからね。

そして、問題があったとき、年の差を理由にしてもいけません。



たんぽぽ




友だちと恋人のちがい

異性の友だち。  恋人。

この違いってなんでしょうね????


私の場合、体を許せるか、 許せないか。  これに尽きるんだな?。


一緒に話してて楽しいし、 暇があれば一緒に遊んだり、 お互いの家族のことも気になったりして、、

これは、どちらにも共通してるんだけど、

女の本能として、 男性に体を触られるのは とっても特別なことで、

自分の気持ちや 深層心理に深く関わってくるものではないですか??


そんな大変なことを許せる人というのは、そうたくさんはいないのが当たり前。

だと思っているのですが。。。

こんな私はいまどき古い?


でも、この感覚が女性になくなってきているのは事実だと思います。

悲しいことに、、、。


そういう人には異性の友達と恋人の区別も付かず、  恋愛関係を作ったり

恋愛を楽しむのも難しいのではないでしょうか。


女性は、自分の体を安売りしてはいけませんよ?。

恋愛に必要な、鋭い感覚が鈍くなってしまいますぞ!!

女性は男性のお母さんではありません

<ダメ女・?>

母性本能は、女性に備わったすばらしい本能です。

子供を育てるにあたって、なくてはならないものですし、 また母性本能があるから

他人をも愛することができ、社会的にもすばらしい働きができます。


でも、恋愛中の彼に、その母性本能全快では チョッと考えてしまいます。


「部屋片付けなさい」 「ちゃんとごはん食べたの」 「だらしないんだから?」


こんな言葉ばかりでは、彼もうんざりです。

きっと彼の本当の母親にも、耳が痛いくらい言われてるでしょうから、、、。

(たまには、彼女にも母親を期待してる人もいますが、、、)


恋愛は、お互いを高め、 二人だけの関係を築き上げていくものですから

母性本能ばかりぶつけていては、 それは単に 親子の関係に過ぎないのです。

彼の全てをまずは受け入れ、 変わって欲しいところは お互い話し合って

作り変えていくもの。

男性はあなたの子供ではないのですよ?。

めそめそ泣いてはいけません

<ダメ女・?>

男は女の涙に弱い???

確かにそういう人も多いでしょう。

なぜなら、男はデリケートで 繊細な生き物だからです。(全てではありませんよ)

女性に泣かれると、どうしていいか分からなくなり、男性自身が弱り果ててしまうからです。


ダメ女は、これにつけ込んで 男を操ろうとしてしまうのです。


「彼が冷たい」  「私の誕生日を忘れてた」  「他の女性と歩いてた」


いろんな理由につけ、泣いちゃえばこっちの勝ち!!

という心理が働いてはいませんか?


こういう女性を男の人は、 はかない。  かわいらしい。 守ってあげたい。


とは見ないのです。 うっとおしいだけ。


恋愛関係ごっこをしてるだけの間なら、これで大いに楽しんでください。


でも、本気で男性とお付き合いし、一生を添い遂げたいと考えるなら

こんな姑息な考えはやめた方が良いでしょう。


涙は女の武器

こんなダメ女にはならないでね。

結婚情報

ネットの世界、 TVのコマーシャル、 雑誌、 電車の中、、、、

世の中には結婚情報があふれています。

それもそのはずですよね?。  人間に限らず 生き物は 子孫繁栄という本能をもって

産まれてきて、 子孫繁栄のためには 異性が惹かれあい 営む。

その人間社会の一つの 形として 結婚 というのがあるのですものね。


でも、こんなに結婚情報があふれ、 出会いのチャンスもあるのに

結婚できずに悩む方が多いのはなぜなのでしょうか?


あなたは、周囲と自分を比較しすぎてはいませんか?

結婚とはこうあるもの。こうあるべき。 と決め付けてみている節はありませんか?


自分の価値観、 自分なりの結婚生活を見つけ、

それに合う、結婚情報を選び取って欲しいと思います。

応援してます。


たんぽぽ



嫉妬が強すぎる

<ダメ女・?>

携帯電話は 一人に一つ。 またはそれ以上。

ということは、個 と 個 の間で簡単に伝えたいことを伝え、プライバシーを簡単に

共有できちゃう。  ということで、、、

これって、恋愛中の男女にとって 時には邪魔になったりするもの。


特に嫉妬心の強い女性には、 「彼が他に女性がいるのでは、、、」

「他の女性とあってるのでは、、、」

という余計な心配をしなくてはいけなくなったりするのでしょう。


そして、耐えかねた女性の取る行動は・・・

彼の携帯を勝手に、覗き見、 チェックしてしまうのです。

これは、信頼関係を壊す 最もしてはいけない行為。


彼の恋愛熱は一挙に冷めるでしょう?


彼との恋愛を成就させ、長く続けたいのなら、 彼を信頼し 嫉妬心を抑える

努力も必要なのです。


勝手に人のものを見る。行為。  これは、人のうちへ勝手に上がりこんで

情報を物色するのと同じこと。


こんなダメ女になってはいけません。

浮気しちゃう女性

<ダメ女・?>


近頃は女性も簡単に 浮気できちゃうようですな?。

付き合ってる彼がいるのに、、、 「最近仕事で忙しいから会ってもらえないもん」

「同時に二人の人を好きになっちゃって?、一人に決められない?」

などなどいろんな理由はあるようですが。。。


女性の浮気は、男性の浮気とは明らかに違う!!!


男性の浮気を擁護する気は決してない。  どちらが罪が軽くて、どちらが重罪。

こんな風に決められるものでもない。

私の判断基準は、、、その行為をしたとき 自分の深層心理が深く傷つくのは

どっちか???  ということなのです。


人間自分にはうそはつけませんよね。

男性は、好きでもない女性と罪悪感もなく寝れるのです。 

気持ちよければいい??  という生き物なのです。


ところが女性は、生物学的に見ると、 受身の生き物。

好きでもない、イヤイヤながらのものは 自分の無意識の部分を傷つけ、変えてしまいます。


「彼に浮気されたんだから、仕返しよ?」

「お金のためならいいじゃん」 

こんな、取り返しの付かないようなダメ女になってはいけません。

マザコン

<ダメ男・?>

マザコン=マザーコンプレックス 別名:エディプス・コンプレックス とも言いますが

男性は、多少に関わらず 母親への愛情は確かにあり、大切だ。

と思うものです。

人によって母親への愛情の度合いは さまざま、、、

では、どれくらいなら 大丈夫なマザコン。 これ以上はダメ男。

とみなし、お付き合いする上で気をつければいいのでしょうか・・・?


極端な例では、、、母親に性的感情を持ってしまうこともあります。

これは恋愛対象にはもちろんならない、してはいけないダメ男ですが、

男女間の恋愛関係に 支障をきたすような マザコンは気をつけたほうがいいでしょう。。。

・会話の中に、母親のことがしょっちゅう出てきたり、、、

・物事の考え方が、母親の影響を多大に受けていたり、、、

・あなたと母親を比べてみていたり、、、


こういった事柄が当てはまる男性は、母親から自立できていない可能性があるので

一人の大人の男性とはみなしお付き合いするのは難しいといえます。


マザコン度を調べる 一番の方法は・・・

彼とかれの母親と三人で会ってみて、 彼の態度を確かめるのが良いと思います。

くれぐれも、マザコン ダメ男には気をつけてください。。。

時には叱られたい

<男性のこと理解してますか?・?>


男性女性に限らず、今は子供も叱って褒める方向へ代わってきています。

もちろん、褒めることで 自信を持たせ、この人と一緒にいると

「やる気が出る」 「前向きになれる」 と思ってもらうことは大切です。


でも、褒めてばかりでもいけないのです。


男性は つい自信過剰になりすぎて、調子に乗ってしまったり、、、

そして、失敗してしまう。。。

ということも全くないわけではありません。

そんな時、びしっと 叱る=指摘する ということができれば、男性はあなたを

信頼し、一生のパートナーとしてやっていけるかも。

という思いにまで発展するかもしれません。


男性を叱る。

これは、タイミング と 言葉 が重要ですので、その時の状況をしっかり見極め

愛情を持って、真剣に叱ってあげましょう。

それを受け入れてくれる男性は、きっとあなたに好意を抱き、

この先も真剣にお付き合いしていこう。

と決心するでしょう。

強さをひけらかす

<ダメ男・?>

男の人は強くありたい、 頼もしい存在でありたい、 と願うもの。

社会的に相手の立場が自分より 上か 下か 。。。

そんなところも気になるのが男性ですが、、、

時々、相手が自分より強い立場だと ぺこぺこと愛想を振りまき 下手に出て、 相手が自分

より弱い立場と分かったとたん、高飛車で 横柄な態度になる男性がいます。


こういう男性は、社会的、経済的に弱い立場の女性を 蔑んでみていたり

結婚したら妻が夫に服従するのは当たり前。

それにはむかうと、 身体的、精神的な暴力まで振るってしまうこともあります。

いわゆるDV(ドメスティック・バイオレンス)ですが、女性も、

自分に自信を持ち、こういったダメ男を見極める目を持ってください。

自分を分析してみましょう?

「あなたってどんな人?」

って聞かれて、すぐに答えられる人はそういないもの。。。

「趣味は○○で?、今までこんなことしてきて?、、、」

と実際のことや現実のことは説明できても、自分の内面は自分では以外に分からないものですよね?。

誰かとお付き合いするには、相手のタイプや性格を知るのも大切なことだけど

自分のことを知る

という作業を怠っては始まりません。


一緒に自分の性格分析してみましょう?!!


人間の行動にパターンがあるように、性格(考え方、物事の捉え方、、、)にも

パターンがあります。

大きく分けて 16通りあるそうですが、

外向型と内向型、現実型と直感型、思考型と情緒型、規範型と柔軟型

このカテゴリでは、これらの組み合わせから作られる 16通りを パターン としてみます。

怒っているとき・・・

<男性のこと理解してますか?・?>


男性は怒りっぽい所があります。

それは、その人に備わった 本能的なものもあるでしょうが

もっと本質を考えてみると

男性自身の中の  不安 や 不満 焦燥感を 隠すために怒ることもあるのです。

それも、自分の中で 自分に隠すために怒っていることがあります。

または 相手より優位に立とう。 として怒ることもあります。


いずれにせよ、男性が怒っているときは 安心したい 癒されたい というサインですから

うまくなだめてあげられるようになりたいものです。


間違っても、怒っていることを否定してはいけません。

男性は、あなたを 「不愉快にしてしまった」 という思いを抱き

ますます自己嫌悪になっていくでしょう?


女性が持つ、すばらしい本能。  母性愛

この母性愛を発揮する 場面なのです。

浮気性

<ダメ男・?>

浮気は男の甲斐性??? 

いえいえ、それは一昔前の話。。。だと思います。

経済的に自由にならず、 結婚は家と家とがするもの、、、

そうやってしたくもない結婚をさせられ、子供を産み育てることが女の仕事。

と言われてきた時代の話・・・・


今の世の中、女性の社会的地位も向上し、結婚なんてしなくったって平気よ?。

という女性が増えた現在は、結婚するときの男性、女性の認識は

かなり変わってきてます。お互いの心のうちを確認し、一生を誓うのが結婚。

そうあって欲しいですし、実際そうなのだと思います。


そういう認識の結婚において、浮気は 甲斐性でもなんでもなく

ただの、裏切り。です。

浮気が許される。許してもらえるだろう。  と思っている男性は ただ単に甘えているのです。

男性の浮気性 というのはそう簡単には直らないもの。。。

心の底から愛する思いやりのある人は、浮気なんてしません。

女性はしっかり見極めましょう。

褒められたい

<男性のこと理解してますか?・?>


女性に限らず、男性だって 褒められたい。

褒められて幸せな気持ちになるのは、 性別に関わらず 人間の特徴のようですが、、、


女性は、髪形だったり 服装だったり するのと違って

男性は、 内面を褒めて欲しい  と思うようです。


それも 男らしさ や たくましさ を 実感させてくれるような、、、。

例えば・・・「あなたの考えはいさぎいい」 「力強いことばだわ」

というように。

男性は、社会的に強くありたい。

という願いが強くあるため、常に自信を持っていたいのです。

ちがう言い方をすれば 自分を評価してくれる言葉や

自分を肯定してくれる言葉で自信が持て、幸せな気持ちになれる。

というわけです。


上手に男性に自信を持たせてあげることができれば

きっとあなたに好意が芽生えることでしょう?

お金にルーズな人

<ダメ男・?>

ギャンブルが好き

自分の収入以上に使ってしまう

借金をしても平気

借りたお金を返さない


お金のトラブルは、恋愛関係はもちろん、夫婦、親族関係をも簡単に引き裂く原因となる、恐ろしいものです。

お金にルーズ。。。という人は、お金だけでなく、他のことにもルーズだったりするのではないでしょうか?
どんなに優しく、思いやりのある言葉をささやかれ、 その時は本気で好きだと思っても

お金でこじれてしまっては、素敵な思いでも全て水の泡・・・


特に、浪費癖のある人は、お金を都合つけるために、 あることないこと言って

お金を用意させようとしたりします。

こんな男性に関わっては、あなたの時間が無駄になってしまいます。

男性とお付き合いするにあたって、 金銭感覚 というのは粗末にできない項目です。

しっかり見極めましょう。


外向・現実・思考・規範 (?型)

責任感が強い人
<特徴>

積極的でリーダーシップを取るタイプ。

感情的に考えるより、理性的に物事に対処する。

話し方も明快、率直で分かりやすく、よく考えて結論を出す。

伝統を重んじるこのタイプは、流行に左右されず 飽きの来ない 本物を好む。

仕事にも一生懸命取り組み、結果を出すことに重点を置き、成し遂げようとする努力家でもあるが、一方で

自分にも他人にも厳しいため、相手を傷つけ、落ち込ませてしまうこともある。


?このタイプとの付き合い方?

誠実、率直に向き合う。

相手のぶっきらぼうに思える話し方に臆せず、自信を持って自分の意見を伝えましょう。

多少強硬な態度で臨んでも、マイナスには受け取られず、

信頼につながるはず。

逆に、気を使いすぎた言い回しは、このタイプの人には返ってフラストレーションになることでしょう。

繊細で几帳面

<男性のこと理解してますか?・?>


男性のイメージは  豪快  大雑把  くよくよしない

というものがよくあげられると思います。


でも、実は 男性の方が女性より 繊細で、傷つきやすく、デリケートな生き物なのです。

特に、異性である女性からの言葉や行動は敏感に響き

心で純粋に受け取っているようです。

そして、傷ついたとしても 表には簡単に表せず、一人で解決しようと努力する 性 でもあるんですね。

そして、きれい好き、潔癖症も実は女性より 男性の方が多いそうです。

男性のこういう本質を知るということは、お付き合いしていく上で

とっても大切なことですから、しっかりと頭に入れておきたいものです。

頼られたい

<男性のこと理解してますか?・?>

 
異性と上手にお付き合いしていくためには、相手の ”性” についてよく知らなければいけませんよね。

このカテゴリでは、 男性 という性について考えて行きたいと思います。



男性はなんと言っても  「男らしくありたい」  と願うもの。

でも男らしさって、男性自身もどうすれば男らしいのか・・・?
どうあれば男らしいと見られるのか・・・?

とっても悩むところなんです。

「男らしさ」   は女性が作ってあげることだと 私は思うのです。

例えば、、、

「コレってどういう意味だっけ?」  「この荷物持つの手伝ってくれない?」

などほんの些細なことでいいので、頼りにされた。

と実感させてあげるのが 男性を引き立てる、上手な女性と言えるのではないでしょうか。


女性の「守って欲しい」 思いの反対で、

男性は 「守ってあげたい」 と思うもの。

この釣り合いがうまく取れる人とは きっとお付き合いもうまく行くのでしょう?

お金で心は買えない

<ダメ男・?>

社会的に地位があって、、、お金に困ってなくて、、、子供の頃から不自由なく育ってきた。

こんな男性は、お金さえあれば なんでも手に入る。

と思っていませんか?(全てではないです)


女性の体から心まで。。。なんて。

大間違い!!

確かに、お金目当ての女性もいますから そういう女性の体や時間は手に入るでしょう?。

しかし、人間 いいときばかりではないのです。


時には、病気になり、 お金に困り、 というときもやってきます。

こういうとき側にいてくれる人がどれだけ残るかで、その人の人間性が

はっきり現れるのではないでしょうか?

お金で全てを買えると思ってる人は、 きっと だーれも側にいてくれる人はないでしょう。

おそらく、産んでくれた母親だけでしょうか。


お金に魅力を感じる女性は、 幸せになれない。

女性は、男性の誠意。  を待っているのです。 

その誠意として、お金を使うなら、大いに使っていいと思います。

そして、お金が全てという女性になってもいけないし、そういう女性で満足する

男になってもいけません。


今日は   ダメ男  ダメ女  が存在しましたね。

内向・現実・思考・規範 (?型)

一人でコツコツ努力する他人
<特徴>


勤勉で努力家。 几帳面さと粘り強さで コツコツと仕事を進めていくタイプ。

派手なものより、落ち着いて 伝統的なものを好む。

話し方も ゆっくり丁寧で順を追って説明し、最後に結論を述べる。

用心深さがあるため、大きな変化を求めず、慣れない状況にあうと、当惑してしまうが

一度心を開けば、長く、真剣に付き合っていけるタイプでもある。

大勢で物事を進めるよりも、一人コツコツ 自分のペースで仕事をするのが好きで

そういう状況だと能力も大いに発揮できる。


?このタイプとの付き合い方?

バタバタと慌しくせず、落ち着いてゆったりとした気持ちで向き合ってみましょう。

話も、取り留めない言い方より、順序だてて 要点を的確に伝えた方が

コミュニケーションはうまくいきます。

感情を表すときも、いきなり怒ったり、泣きだしても 当惑させてしまうだけなので

ちゃんと自分の感情を言葉で説明する方が理解されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。